qa

「大腸の内視鏡検査」は本当に痛くありませんか?(実例集:令和4年〜)

更新日:2020年1月1日

ご心配ごもっともです。
連日、大腸内視鏡検査を施行させていただいておりますが、ほとんどの方が「痛みなし」で挿入させていただいております。検査開始から終了までは概ね30分前後です。
ただ、おなかの手術の既往があり、大腸が癒着で固定されている方の場合、あるいはS状結腸が極端に長く、大腸をたたみ込むのがやや困難な方は、多少の痛みを伴うことがあります。
検査中は、終始、患者さんとお話させて頂きながら、検査を進めさせて頂きます。もし痛みが生じた場合は、途中でも、ご希望であればいつでも検査を中断いたします。痛みが軽度で、検査の続行を希望される場合は、ご相談の上、挿入方向を変更しながら、なるべく痛みの少ない方法で施行させて頂きます。当院での大腸の一番奥までの挿入の成功率は概ね98%前後(直近の100例では全例成功)となっております。
内視鏡挿入後に大腸内腔を観察させていただく際、当院では炭酸ガスを使用しております。従来の空気による方法に比べて、お腹の張りは格段に改善しております。これは炭酸ガスの腸管からの吸収の速度が通常の空気に比べて100倍近く早いため、検査後にトイレに行かれる方はあまりおられず、行かれても短時間で済まれています。
ご相談ください(☎ 0833-45-2100)。
当院での実際の大腸検査の状況は下記の通りです。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎--- ⚪︎---
令和4年1月2△日
患者さん:3⬜︎歳 女性(大腸検査番号 1559)新患さん。排便時に拭くと血液が付着するとの訴えで来院。大腸検査を希望される。同検査は初めて。いつも通り、無送気・浸漬法にて施行。回盲部までの到達時間 15分。検査中・痛みの訴え・ほとんどなし。ループなしでSDJを通過、回盲部まで型通りに挿入。全大腸に出血をきたす病変はみられず問題なく終了。出血は肛門の裂創によるものと思われた。(全検査時間:25分)

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎--- ⚪︎---
令和4年1月1△日
患者さん:6⬜︎歳 男性(大腸検査番号 1558)当院での大腸検査は初めての方。先日、近医の内科より胃カメラにて紹介していただいた方。ピロリ菌胃炎にて除菌治療を施行。今回は検診で便潜血陽性と判明、大腸検査となる。5年前、総合病院内科で大腸検査、6カ所ポリープの切除を受けた由。無送気・浸漬法にて施行。回盲部までの到達時間 13分。検査中・痛みの訴え・ほとんどなし。ループなしでSDJを通過、脾弯曲部に至り、横行結腸から肝弯曲部を経て回盲部まで型通りに挿入。下行結腸とS状結腸にまずまずの大きさの亜有茎性のポリープを確認、それぞれスネアをかけて切除、吸引にて回収、ともに病理検査に提出した。切除した1個目のポリープを見失い、その捜索に時間を要した。(全検査時間:46分)ポリープが出来やすい方、今後も要注意。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎--- ⚪︎---
令和4年1月1△日
患者さん:8⬜︎歳 女性(大腸検査番号 1557)以前より、大腸ポリープにて約3年ごとに当院で内視鏡でフォロー検査中の方。今回もいつも通り、無送気・浸漬法にて施行。回盲部までの到達時間 10分。検査中・痛みの訴え・ほとんどなし。ループなしでSDJを通過、回盲部まで型通りに挿入。直腸に小さなポリープを認めたが、年齢も考慮し経過観察とした。(全検査時間:51分)

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎--- ⚪︎---
令和4年1月1△日
患者さん:4⬜︎歳 男性(大腸検査番号 1556)新患さん。前回検査の方の息子さん。大腸検査を希望される。症状は特になし。無送気・浸漬法にて施行。回盲部までの到達時間 11分。検査中・痛みの訴え・ほとんどなし。ループなしでSDJを通過、脾弯曲部に至り、横行結腸から肝弯曲部を経て回盲部まで型通りに挿入。全大腸に特段の病変みられず、問題なく終了。(全検査時間:22分)。仲のいい親子さん。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎--- ⚪︎---
令和4年1月1△日
患者さん:8⬜︎歳 女性(大腸検査番号 1555)新患さん。40歳台の息子さんと一緒に初診でお見えになる。お二人とも大腸検査をご希望。まずはお母さんから。4年前に他院で大腸ポリープを切除、詳細は不明、2回目目の同検査で小ポリープの指摘あるも経過観察となった由。同検査が相当苦しかった由、今後のフォローを当院で希望。無送気・浸漬法にて施行。回盲部までの到達時間 15分。検査中・痛みの訴え・ほとんどなし。ループなしでSDJを通過、脾弯曲部に至り、横行結腸から肝弯曲部を経て回盲部まで型通りに挿入。直腸にまずまずの大きさの亜有茎性のポリープを確認、スネアをかけて切除、吸引にて回収、病理検査に提出した。(全検査時間:30分) 次は息子さん。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎--- ⚪︎---
令和4年1月△日
患者さん:5⬜︎歳 女性(大腸検査番号 1554)以前より著しい便秘があり、当院で定期的に下剤を処方中の方。今回、精査を希望される。この方は、腸管がかなり長めで、挿入に困難を極めた。無送気・浸漬法にて施行。回盲部までの到達時間41分。S状結腸と横行結腸がかなり過長で、SDJとmid-transでループを形成、二重苦となり、right turn shortningを何度が施行し、最後は右側臥位とし、尺取り虫のごとく、押しと引きを繰り返し、横行結腸をたたみ込み、肝弯曲部に到達。ここで左トルクをかけ、引きで肝弯曲部を展開・同部を通過、以後なんとか先端が回盲部に達する。直腸に1ミリ前後のポリープを認めたが、小さいため経過観察とした。(全検査時間:51分)

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎--- ⚪︎---
令和4年1月△日
患者さん:7⬜︎歳 男性(大腸検査番号 1553)本年・第一例の方。7年前、当院にて直腸のポリープを切除、病理検査では腺腫。今回、当院での大腸がん検診で便潜血陽性と判明、精査となる。他院で関節リウマチのためステロイドを服用中。いつも通り、無送気・浸漬法にて施行。回盲部までの到達時間 10分。検査中・痛みの訴え・ほとんどなし。ループなしでSDJを通過、回盲部まで型通りに挿入。回盲部に1ミリ前後のポリープを認めたが、小さいため経過観察とした。次回の検査は数年後とした。(全検査時間:17 分)

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎--- ⚪︎---

PAGETOP