qa

胃カメラは初めてです。大丈夫でしょうか?(実例集:令和4年〜)

更新日:2014年6月13日

大丈夫です。
はじめての方も問題ありません。当院では胃カメラは中学生以上の方を対象にしていますが、検査ができなかった方はほとんどおられません。中学生・高校生の生徒さんも検査を受けられていますが、特に問題なく終了しています。
まずは「お鼻から」の検査をお勧めしています。
ご希望の方はもちろん「お口から」も可能です。
検査時間は概ね10分程度です。
ご相談ください(☎ 0833-45-2100)。

当院での初めての胃カメラの方の実際の状況は下記の通りです。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和4年 6月2△日
患者さん:8⬜︎歳 女性(胃カメラ検査番号 5374)他院にて高血圧症等で内服加療を受けられている方。お昼の内服薬を包みのまま誤って服用されたとのことでお家の方と来院。「喉のあたりにひかかって痛いです」との訴え。緊急胃カメラを施行。経口で。上部食道に内服薬がそのままの状態でPTP包装シートを確認。シートを異物鉗子でしっかり把持し体外に摘出。問題なく終了。PTP包装シートは角が非常に鋭利なため、誤嚥した場合、食道穿孔をきたし死亡することも少なくないため、速やかな摘除が望まれる。誤嚥でシート摘除の方はこの方で数例目。内服薬を今後は一包化されるようにお勧めした。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和4年 6月2△日
患者さん:6⬜︎歳 女性(胃カメラ検査番号 5369)以前よりcommon diseaseにて時々来院される方。今回は胃がん検診をご希望。当院での胃カメラは初めて。先月より胃の調子が悪く、食べられないとの由。多発性胃ポリープを確認、胃底腺ポリープと思われ、これは経過観察とした。まずは機能性デイスペプシア(FD)として治療を開始。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和4年 6月 △日
患者さん:4⬜︎歳 男性(胃カメラ検査番号 5350)新患さん。2-3週間前から心窩部痛をきたす。特に空腹時に増悪、精査を希望され来院。経鼻で施行。嘔吐反射もほとんどなく問題なく終了。球部に深掘れの大きな潰瘍が前壁と後壁にそれぞれに。Kissing Ulcer状態。ピロリ菌抗体も陽性で、直ちに除菌治療を開始した。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和4年 5月2△日
患者さん:4⬜︎歳 男性(胃カメラ検査番号 5336)新患さん。2日前の夕食時、咽がひかかる感じがあり、その後、突然、大量の鮮血の吐血あり、精査を希望され来院。その後も咽頭・食道あたりの痛みあり。緊急で胃カメラを施行。胃カメラは初めて。食道入行部に広範にびらんあり。これがどうも出血源。胃・十二指腸には潰瘍性病変なし。食道静脈瘤、マロリー・ワイスもなし。飲酒を含め夕食の内容に特段のものはなく、えのき茸の酢の物を食べられた由。損傷機転は不明のまま。粘膜保護剤で経過観察とした。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和4年 5月2△日
患者さん:6⬜︎歳 女性(胃カメラ検査番号 5330)この方も高血圧症にて当院で内服薬にて加療中。今回は胃がん検診をご希望。胃カメラは初めて。
症状は特になし。ご希望にて経口で施行。嘔吐反射もほとんどなく問題なく終了。特に所見を認めず。引き続き外来フォローで。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和4年 5月1△日
患者さん:5⬜︎歳 女性(胃カメラ検査番号 5327)高血圧症にて当院で内服薬にて加療中の方。ご両親も当院にて血圧等でかかられており、お父さんが当院で胃がんが見つかり、手術を受けられた関係で、ご両親から胃の検査を勧められた。胃カメラは初めて。良性の胃ポリープを認めるほか、ヘマチンが付着し、表層性胃炎を確認。無症状のため、経過観察で。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和4年 5月1△日
患者さん:4⬜︎歳 男性(胃カメラ検査番号 5326)高血圧症等にて当院で内服薬にて加療中の方。肥満もかなりあり。検診での胃バリウム検査で類円形透りょう像を指摘され、精査を勧められた。胃カメラは初めて。ポリープは認なかったが、ただ広範囲に著しい萎縮性胃炎がみられ、ピロリ感染性胃炎が強く疑われた。同菌抗体が確認出来次第、除菌治療を予定。むしろ、こちらが問題。週の4日間、朝5時起きでジョギングされていおり、減量も順調に。意思の固い方。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和4年 5月1△日
患者さん:5⬜︎歳 女性(胃カメラ検査番号 5324)新患さん。胃カメラとピロリ菌検査を希望され来院。少し離れた郡市から初診で。胃カメラは初めて。経鼻で施行。問題なく終了。特に所見を認めず。その環境の良さに惹かれ、10年間、石垣島に住まれていた由。婦人科の疾患で千葉の病院で手術を受けられたこともあり、その後、帰郷されたとのこと。遠路よりわざわざ来院いただき感謝。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和4年 5月 △日
患者さん:3⬜︎歳 男性(胃カメラ検査番号 5317)新患さん。近隣の巨大企業の産業医・医師よりご紹介いただいた方。職場での検診でピロリ菌抗体陽性と判明、精査を勧められた。胃の症状はあまりなし。胃カメラは初めて。経鼻で。広範囲に萎縮性胃炎を認め、ヘリコバクターピロリ感染性胃炎を確認。また、体上部に多発性胃ポリープを認め、その最大かつ発赤調のものを生検した。直ちに除菌治療を開始した。紹介して頂いた産業医先生にはいつもお世話になっている。直ちに報告した。いつも深謝。病理結果は後日。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和4年 4月3△日
患者さん:2⬜︎歳 男性(胃カメラ検査番号 5311)新患さん。1週間前に昼食後に突然、激しい心窩部痛に襲われる。精査を希望され、お母さんと一緒にご来院。腹部エコー検査、血液検査でも特に異常を認めず。胃カメラは初めて。お母さんが検査に立ち会われる。経鼻で施行。問題なく終了。特に所見を認めず。詳しくは話されないが、大学の最終学年でなかなか大変そう。様子見とした。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和4年 4月2△日
患者さん:3⬜︎歳 女性(胃カメラ検査番号 5309)新患さん。食後の胃もたれ・胃が重いとの訴えにて来院。精査を希望される。胃カメラは初めて。広範囲に萎縮性胃炎がみられ、ピロリ菌抗体陽性も陽性で、ヘリコバクターピロリ感染性胃炎を確認した。直ちに除菌治療を開始した。医療関係機関にお勤めの方。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和4年 4月2△日
患者さん:3⬜︎歳 女性(胃カメラ検査番号 5305)新患さん。近隣の巨大企業の産業医・医師よりご紹介いただいた方。職場での検診でピロリ菌抗体陽性と判明、精査を勧められた。胃の症状はあまりなし。胃カメラは初めて。経鼻で。広範囲に萎縮性胃炎を認め、ヘリコバクターピロリ感染性胃炎を確認。直ちに除菌治療を開始した。紹介して頂いた産業医先生にはいつもお世話になっている。直ちに報告した。いつも深謝。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和4年 4月2△日
患者さん:4⬜︎歳 男性(胃カメラ検査番号 5303)新患さん。先日、体調不良にて来院。10歳台から大量飲酒をされている由。毎日、焼酎のソーダ割りを10杯とのこと。肝・膵機能を含めて精査中。胃の調子も不調とのことで、平行して胃カメラを施行。広範囲に著しい萎縮性胃炎がみられ、ピロリ菌抗体陽性も陽性で、ヘリコバクターピロリ感染性胃炎を確認した。精査にて肝臓はどうもない。強靭な肝臓の方でびっくり。東京・福岡の出張を済まされてから除菌治療を開始とした。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和4年 4月1△日
患者さん:4⬜︎歳 男性(胃カメラ検査番号 5299)高コレステロール血症にて当院で内服薬にて治療中の方。検診での胃バリウム検査で類円形透りょう像を指摘され、精査を勧められた、バリウム検査通り、穹窿部に3個のポリープを認めるほか、広範囲に著しい萎縮性胃炎がみられ、ピロリ菌抗体陽性も陽性で、ヘリコバクターピロリ感染性胃炎を確認した。直ちに除菌治療を開始。お母さんも以前、当院で除菌治療済み。親御さんからの垂直感染の模様。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和4年 4月1△日
患者さん:2⬜︎歳 男性(胃カメラ検査番号 5296)新患さん。長引く心窩部痛のため、精査希望にて来院。カメラは初めて。経鼻で施行。嘔吐反射もほとんどなく問題なく終了。表層性胃炎を認めるのみ。ピロリ菌・抗体検査も追加した。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和4年 4月1△日
患者さん:4⬜︎歳 女性(胃カメラ検査番号 5294)職場での検診でピロリ菌抗体・陽性を指摘され、精査を勧められて来院。胃の症状はあまりなし。胃カメラは初めて。経鼻で施行。嘔吐反射もほとんどなく問題なく終了。広範囲に萎縮性胃炎がみられ、ヘリコバクターピロリ感染性胃炎を確認した。直ちに除菌治療を開始した。血圧もかなり高めのためそれもフォロー。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和4年 3月1△日
患者さん:4⬜︎歳 男性(胃カメラ検査番号 5273)糖尿病にて当院で内服薬にて治療中の方。検診での胃バリウム検査で慢性胃炎を指摘され、精査を勧められた、胃カメラは初めて。もともと鼻炎が高度のため、経口で施行。嘔吐反射もほとんどなく問題なく終了。広範囲に著しい萎縮性胃炎がみられ、ピロリ菌・抗体検査で確認でき次第、除菌治療を予定。ボランテイアでこどもさんの柔道の指導をされている。コロナ禍で密な接触回避のため、稽古中断が続いていたが、そろそろ再開との由。ご本人にとっても朗報。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和4年 3月△日
患者さん:4⬜︎歳 女性(胃カメラ検査番号 5264)以前よりcommon diseaseにて時々来院される方。今回、食後の腰背部痛にて来院となった。腹部エコー検査で胆嚢内に大きな結石を確認。胃病変の除外のため、胃カメラを。胃カメラは初めて。経鼻で施行。嘔吐反射もほとんどなく問題なく終了。経鼻で施行。特段の所見を認めず。腹部CT検査でも胆石以外は特に所見なし。手術の準備は万端整ったが、当初の痛みは大分改善したため、ご希望にて手術はしばらく様子見とした。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和4年 3月△日
患者さん:2⬜︎歳 女性(胃カメラ検査番号 5262)老健でお仕事をされている看護師さん。もともとやや便秘がちの方。先日、血便あり、精査希望にて来院。上・下部の内視鏡検査をご希望。先ずは胃カメラから。胃カメラは初めて。経鼻で施行。嘔吐反射もほとんどなく問題なく終了。特に所見を認めず。ピロリ菌・抗体検査も追加した。次は大腸検査。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和4年 3月△日
患者さん:3⬜︎歳 男性(胃カメラ検査番号 5260)
以前よりcommon diseaseにて時々来院される方。先日より腹痛と血便の訴えで来院となる。精査をご希望。エコー検査は問題なし。先ずは胃カメラ。胃カメラは初めて。経鼻で施行。嘔吐反射もほとんどなく問題なく終了。特段の所見を認めず。ピロリ菌・抗体検査も追加した。その後、血便は減ってきている由。便潜血検査の結果を加味しながら大腸検査も考慮。製造業に従事されており、いろんなストレスをお抱えの模様。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和4年 2月2△日
患者さん:7⬜︎歳 男性(胃カメラ検査番号 5255)以前よりcommon diseaseにて時々来院される方。今回は胃がん検診をご希望。当院での胃カメラは初めて。ご希望にて経口で施行。嘔吐反射もほとんどなく問題なく終了。15年前、他院ですでにピロリ菌の除菌治療を済まれている由。格別の所見なし。最初から経口での検査を希望される方が一定数おられる。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和4年 2月1△日
患者さん:6⬜︎歳 女性(胃カメラ検査番号 5251)新患さん。新患さん。胃がん検診希望にて来院。症状は特になし。胃カメラは初めて。経鼻で施行。嘔吐反射もほとんどなく問題なく終了。表層性胃炎を認めるのみ。ピロリ菌・抗体検査も追加した。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和4年 2月1△日
患者さん:5⬜︎歳 女性(胃カメラ検査番号 5250)新患さん。胃がん検診希望にて来院。症状は特になし。胃カメラは初めて。経鼻で進めたが、両側鼻腔とも狭く、挿入不可。やむなく通常の経口検査とした。小さなポリープを認めるのみ。嘔吐反射もほとんどなく問題なく終了。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和4年 2月1△日
患者さん:8⬜︎歳 女性(胃カメラ検査番号 5247)以前よりcommon disease時々来院される方。今回は胃がん検診希望にて来院。症状は特になし。胃カメラは初めて。経鼻で施行。嘔吐反射もほとんどなく問題なく終了。前庭部後壁に小さな隆起性病変を認め、生検施行、病理検査でグループ5(腺癌)と判明。クリーニング店をご夫婦で経営されている。近隣の同業者の廃業が相次ぎ、加えて、お店の立地も良いことから、このところ、逆にだんだんとお客さんが増える一方とのこと。今回のことで、年齢も考慮され、お店もたたまれるか考えます、との由。ご親族で相談していただくようにお話しした。内視鏡的には早期癌と思われ、開腹手術ではなく、癌の内視鏡切除(ESD)の適応も可能性ありそうで、先ずは治療の入り口として、いつも手術をお願いしている総合病院外科を紹介とした。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和4年 2月1△日
患者さん:3⬜︎歳 男性(胃カメラ検査番号 5242)新患さん。職場での胃がんABC検診でピロリ菌抗体・陽性を指摘され、精査を勧められて来院。胃の症状はあまりなし。胃カメラは初めて。経鼻で施行。嘔吐反射もほとんどなく問題なく終了。広範囲に萎縮性胃炎がみられ、ヘリコバクターピロリ感染性胃炎を確認した。直ちに除菌治療を開始した。宮崎のご出身。当県の大学に進学されて以来、当地に定住されている。奥さん・お子さんもこちらで。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和4年 2月△日
患者さん:8⬜︎歳 女性(胃カメラ検査番号 5238)新患さん。食後の胸焼けの訴えで近医・内科の医師より当院に紹介となる。経鼻で施行。逆流性食道炎と著しい萎縮性胃炎を確認した。嘔吐反射もほとんどなく問題なく終了。ピロリ感染性胃炎が強く疑われ、抗体検査も追加した。紹介していただいた医師に検査結果を直ちに報告した。大学の大先輩。深い見識のもと、いつも矍鑠とされている。いつも紹介していただき、感謝の上にも感謝。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和4年 2月△日
患者さん:4⬜︎歳 女性(胃カメラ検査番号 5230)
新患さん。先日よりの心窩部痛が持続しており、精査希望にて来院。8年前に近医にてピロリ菌の除菌治療済みとの由。経鼻で施行。問題なく終了。十二指腸球部前壁の潰瘍を確認、これが今回の症状の原因。まずは潰瘍の治療を。併せて除菌治療の成否の確認必要。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和4年 2月△日
患者さん:6⬜︎歳 男性(胃カメラ検査番号 5228)高血圧・脂質異常症等で当院で内服薬にて加療中の方。先日から胃もたれ・食思不振が増悪して来院。精査を希望される。経鼻で施行。胃カメラは初めて。経鼻で施行。嘔吐反射もほとんどなく問題なく終了。広範囲に著しい萎縮性胃炎がみられ、ピロリ菌・抗体検査で確認でき次第、除菌治療を予定。当院に通院されて数年になるが、すでに胃カメラは受けられているものと小生の勘違い。危うく様子見とするところ。今後、他の方も思い込みのないように自戒。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和4年 2月△日
患者さん:4⬜︎歳 男性(胃カメラ検査番号 5227)新患さん。職場検診での胃バリウム検査で精査を勧められて来院。胃カメラは初めて。経鼻で施行。嘔吐反射もほとんどなく問題なく終了。体上部に多発性胃ポリープを認め、その最大のものを生検した。胃底腺ポリープであることを病理検査で確認待ち。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和4年 1月2△日
患者さん:4⬜︎歳 男性(胃カメラ検査番号 5223)以前よりcommon disease時々来院される方。職場検診での胃バリウム検査で食道と穹窿部の陰影欠損を指摘された。胃カメラは初めて。経鼻で施行。嘔吐反射もほとんどなく問題なく終了。食道および胃内に腫瘤なし。経過観察とした。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和4年 1月2△日
患者さん:5⬜︎歳 男性(胃カメラ検査番号 5222)先月、茨城県から当地に転勤された方。その際、高血圧・脂質異常症等で同県内の診療所からの紹介状を持参して来院される。以後、当院にて投薬にて加療中のところ、今回職場検診での胃バリウム検査で硬化像を指摘され精査を希望される。経鼻で施行。嘔吐反射もほとんどなく問題なく終了。広範囲に著しい萎縮性胃炎を確認、本人さんによると、以前の他院でピロリ菌検査では陰性であった由。どうも所見が合わないため、ピロリ菌・抗体検査を再検した。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和4年 1月2△日
患者さん:4⬜︎歳 女性(胃カメラ検査番号 5221)糖尿病にて当院で内服薬にて治療中の方。先日より喉のつまり感の訴えにて精査を希望される。胃カメラは初めて。経鼻で施行。嘔吐反射もほとんどなく問題なく終了。咽頭・喉頭・食道を含め胃十二指腸に特別な所見はなし。咽喉頭異常感症と判明、件の漢方薬を処方した。喉頭癌でなかったことに安堵される。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和4年 1月2△日
患者さん:4⬜︎歳 女性(胃カメラ検査番号 5220)以前よりcommon diseaseにて時々来院される方。今回、「1ヶ月前から食事中に胸が詰まった感じがします」との訴えで来院。精査を希望される。歯科治療での麻酔で体調不良となった既往あるため、キシロカインによる麻酔はなしとした。ご希望にて経口で施行。嘔吐反射もほとんどなく問題なく終了。食道裂孔ヘルニアとE-C junctionに数条のびらんあり。逆流性食道炎が今回の原因と判明。どうもかなり前から不調だった模様。直ちに治療を開始した。麻酔なしでの検査、ご協力いただいた。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和4年 1月2△日
患者さん:4⬜︎歳 女性(胃カメラ検査番号 5211)新患さん。年末に食後の心窩部痛の訴えにて来院。内服薬にても改善せず、今回、精査を希望される。胃カメラは初めて。経鼻で施行。嘔吐反射もほとんどなく問題なく終了。通常の胃炎の所見のみ。ピロリ菌・抗体検査も追加した。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和4年 1月2△日
患者さん:4⬜︎歳 男性(胃カメラ検査番号 5209)新患さん。職場検診での胃バリウム検査で精査を勧められて来院。胃カメラは初めて。経鼻で施行。嘔吐反射もほとんどなく問題なく終了。前庭部にの中央部に陥凹を有する山田3型大きな腫瘤を認め、バイオプシーした。また広範囲に著しい萎縮性胃炎がみられ、病理検査待ちで、ピロリ菌・抗体検査で確認でき次第、除菌治療を予定。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和4年 1月1△日
患者さん:4⬜︎歳 女性(胃カメラ検査番号 5208)新患さん。職場検診での胃バリウム検査で精査を勧められて来院。胃カメラは初めて。経鼻で施行。嘔吐反射もほとんどなく問題なく終了。体上部に多発性胃ポリープを認め、その最大のものを生検した。ピロリ菌・抗体検査は陰性であった。病理検査待ち。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和4年 1月1△日
患者さん:4⬜︎歳 女性(胃カメラ検査番号 5207)新患さん。先日から胃もたれが増悪して来院。精査を希望される。経鼻で施行。胃カメラは初めて。経鼻で施行。胃カメラで特段の所見なし。嘔吐反射もほとんどなく問題なく終了。ピロリ菌・抗体検査も施行。まずは機能性でデイスペプシア(FD)と診断、治療を開始。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和4年 1月1△日
患者さん:5⬜︎歳 女性(胃カメラ検査番号 5205)新患さん。胃がん検診希望にて来院。症状は特になし。胃カメラは初めて。経鼻で施行。嘔吐反射もほとんどなく問題なく終了。表層性胃炎を認めるのみ。ピロリ菌・抗体検査も追加した。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和4年 1月1△日
患者さん:6⬜︎歳 女性(胃カメラ検査番号 5200)新患さん。市内の小学校の先生。職場検診での胃バリウム検査で異常を指摘される。胃カメラは初めて。経鼻で施行。嘔吐反射もほとんどなく問題なく終了。経鼻で施行。典型的なピロリ菌胃炎を確認、直ちに除菌治療を開始した。加えて、以前からHbA1Cの高値を指摘されていたが、無症状にて放置、その治療も今回、同時に開始。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和4年 1月1△日
患者さん:4⬜︎歳 女性(胃カメラ検査番号 5199)新患さん。職場検診での胃バリウム検査で異常を指摘され当院来院。その健診結果票を自宅に忘れられたため、指摘された病変の詳細は不明。無症状。胃カメラは初めて。経鼻で施行。嘔吐反射もほとんどなく問題なく終了。経鼻で施行。小さな胃ポリープのみ確認。後日、検診結果を見せていただくこととした。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和4年 1月1△日
患者さん:2⬜︎歳 女性(胃カメラ検査番号 5195)新患さん。昨年6月ごろから嘔吐が続き、体重減少をきたすため、来院。胃カメラは初めて。経鼻で施行。嘔吐反射もほとんどなく問題なく終了。特段の所見を認めず。経過観察とした。よくよくお聴きすると、介護職をされており、同時期に職場内の部署移動があり、その部署がどうにも合わないとの由。上司の方と配置転換を含めてよく相談されるようにと。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和4年 1月△日
患者さん:7⬜︎歳 女性(胃カメラ検査番号 5189)新患さん。1ヶ月前から胃の調子が悪く、ムカムカして食べられません、との訴えで来院。胃カメラは初めて。経鼻で施行。嘔吐反射もほとんどなく問題なく終了。広範囲に萎縮性胃炎がみられ、ピロリ菌抗体陽性も陽性で、ヘリコバクターピロリ感染性胃炎を確認した。直ちに除菌治療を開始した。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和4年 1月△日
患者さん:4⬜︎歳 女性(胃カメラ検査番号 5188)新患さん。「夜になると吐き気がします」との訴えで来院される。お祖父さんが胃がんで手術を受けられた由。ピロリ菌の検査も希望される。胃カメラは初めて。経鼻で施行。嘔吐反射もほとんどなく問題なく終了。経鼻で施行。特に所見を認めず。まずはFDとして治療を開始。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和4年 1月△日
患者さん:3⬜︎歳 男性(胃カメラ検査番号 5186)新患さん。「年末から食後に胃が張って、食べられません」との訴えで来院される。皮膚の黄染あり、どうもおかしい。直ちに腹部エコー・血液検査を施行。大きな胆のう結石を認めるも、肝内胆管・総胆管の拡張・腫瘤・結石ははっきりせず。胃カメラでも症状に合致する所見なし。緊急でCT検査を施行し、総胆管結石を確認。生化学検査で黄疸指数もかなり高値。直ちに総合病院を紹介した。奥さんによると、どうも以前から調子悪く、病院受診を何度も勧めていたとの由。間に合って安堵。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和4年 1月△日
患者さん:3⬜︎歳 男性(胃カメラ検査番号 5183)本年第一例の方。外国の方。新患さん。心窩部痛を訴えて来院。他院にて内服薬で治療を受けられているが、改善しないとのことで来院される。胃カメラは初めて。経鼻で施行。胃カメラで特段の所見を認めず。腹部エコー検査で胆砂・胆泥を認める。どうもこれが原因。CT検査を予定。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---

PAGETOP