qa

「大腸の内視鏡検査」は本当に痛くありませんか?(実例集:令和3年〜)

更新日:2020年1月1日

ご心配ごもっともです。
連日、大腸内視鏡検査を施行させていただいておりますが、ほとんどの方が「痛みなし」で挿入させていただいております。検査開始から終了までは概ね30分前後です。
ただ、おなかの手術の既往があり、大腸が癒着で固定されている方の場合、あるいはS状結腸が極端に長く、大腸をたたみ込むのがやや困難な方は、多少の痛みを伴うことがあります。
検査中は、終始、患者さんとお話させて頂きながら、検査を進めさせて頂きます。もし痛みが生じた場合は、途中でも、ご希望であればいつでも検査を中断いたします。痛みが軽度で、検査の続行を希望される場合は、ご相談の上、挿入方向を変更しながら、なるべく痛みの少ない方法で施行させて頂きます。当院での大腸の一番奥までの挿入の成功率は概ね98%前後(直近の100例では全例成功)となっております。
内視鏡挿入後に大腸内腔を観察させていただく際、当院では炭酸ガスを使用しております。従来の空気による方法に比べて、お腹の張りは格段に改善しております。これは炭酸ガスの腸管からの吸収の速度が通常の空気に比べて100倍近く早いため、検査後にトイレに行かれる方はあまりおられず、行かれても短時間で済まれています。
ご相談ください(☎ 0833-45-2100)。
当院での実際の大腸検査の状況は下記の通りです。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和3年1月2△日
患者さん:6⬜︎歳 女性(大腸検査番号 1409)先日、当院での胃カメラにて多発性胃ポリープを確認した方。大腸検査は初めて。下痢と便秘を交互に繰り返しているため、精査を希望される。いつも通りの無送気・浸漬法にて施行。回盲部までの到達時間 8分。検査中・痛みの訴え・ほとんどなし。脾弯曲部に1ミリ大くらいの小ポリープを認めたが、大きさが小さいので今回は切除なしで様子見とした。次回の検査は数年後とした。(全検査時間:20分)

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和3年1月1△日
患者さん:8⬜︎歳 男性(大腸検査番号 1408)新患さん。1年前より便秘にてお腹の張り、痛みをきたすようになったため、検査を希望される。当院での大腸検査は今回が初めて。いつも通りの無送気・浸漬法にて施行。回盲部までの到達時間 15分。検査中・痛みの訴え・ほとんどなし。全大腸に炎症性大腸疾患、虚血性大腸炎、憩室、ポリープ、腫瘍など、出血をきたす病変はみられず問題なく終了。経過観察とした。(全検査時間:24分)

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和3年1月1△日
患者さん:7⬜︎歳 男性(大腸検査番号 1407)大腸検査は初めての方。下痢と便秘を交互に繰り返しているため、精査を希望して当院に来院。無送気・浸漬法にて施行。S状結腸がかなり長めのため、SDJをループ形成にて挿入、ここで少しお腹の張りあり。脾弯曲部まで到達したところで右トルクをかけつつ引きでループを解除(right turn shortning)に成功する。しかも横行結腸もかなり長めで左トルクでもたわむ為、仰臥位のまま臍部を用手圧迫にてたわみを抑制したが、却ってたわみが増悪するのみで不可。右側臥位とし尺取り虫のごとく、押しと引きを繰り返すも、横行結腸をたたみ込みができず、左側臥位にしても同様の状況。やむなく再度、仰臥位にて押しでmid-transを通過し、肝弯曲部に達するも、今度はS状結腸までたわむようになり、二重苦となり、それ以降の内視鏡のコントロールがきかなくなる。そこで根本に立ち返りやり直すため、脾弯曲まで引き戻り、再度試みるも、全く同様の状況となる。やむなく肝弯曲部までの観察で断念した。(全検査時間:53分)回盲部まで挿入できなかった方はほぼ1年半ぶりである。次回、Total colonoscopyとなるように方途を探り、再検査予定とした。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和3年1月 △日
患者さん:7⬜︎歳 女性(大腸検査番号 1406)高血圧症等にて当院で投薬にて治療中の方。10年前、他院での人間ドックで大腸検査を受けられた際は特に問題は指摘されなかった。当院での大腸検査は今回が初めて。今回、大腸がん検診で便潜血陽性を指摘され、精査を希望される。いつも通りの無送気・浸漬法にて施行。回盲部までの到達時間12分。検査中・痛みの訴え・ほとんどなし。全大腸に炎症性大腸疾患、虚血性大腸炎、憩室、ポリープ、腫瘍など、出血をきたす病変はみられず問題なく終了。経過観察とした。(全検査時間:22分)

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和3年1月 △日
患者さん:7⬜︎歳 女性(大腸検査番号 1405)
大腸検査は初めての方。高血圧症等にて当院で投薬にて治療中。「いつも排便気味で、お腹が張ります」との訴えで検査をご希望。無送気・浸漬法にて施行。回盲部までの到達時間 18分。S状結腸がかなり長めで、途中から腸管を畳み込めなくなり、少し押し気味で SDJを通過する。それによりループを形成したため、ここで右トルクをかけつつ引きでループを解除。脾弯曲部まで到達し,この屈曲部位で押しでは視野が取れず、痛みあり、ここで右側臥位とすることで視野を展開でき、それにより脾弯曲部を通過しmid-transに到達。ここで、またしても押しではたわむため、前に進めず。やむなく仰臥位に戻し、臍部を用手圧迫にてたわみを抑制すると、トルクが内視鏡先端によく伝わるようになり、以後は肝弯曲部からすんなり回盲部に到達。全大腸にポリープを含め、異常はみられず問題なく終了。(全検査時間:27分)今後も適切な下剤の選択で経過観察とした。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---

PAGETOP