qa

胃カメラは初めてです。大丈夫でしょうか?(実例集:令和3年)

更新日:2014年6月13日

大丈夫です。
はじめての方も問題ありません。当院では胃カメラは中学生以上の方を対象にしていますが、検査ができなかった方はほとんどおられません。中学生・高校生の生徒さんも検査を受けられていますが、特に問題なく終了しています。
まずは「お鼻から」の検査をお勧めしています。
ご希望の方はもちろん「お口から」も可能です。
検査時間は概ね10分程度です。
ご相談ください(☎ 0833-45-2100)。

当院での初めての胃カメラの方の実際の状況は下記の通りです。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和3年4月1△日
患者さん:3⬜︎歳 男性(胃カメラ検査番号 4854)新患さん。昨年10月ごろより心窩部痛が持続、痛みで食べられず、7キロの体重減少をきたした由。黒色便も時に。市販薬で誤魔化していたとのこと。胃カメラは初めて。経鼻で施行。嘔吐反射もほとんどなく問題なく終了。案の定、球部に深掘れの大きな潰瘍が前壁と後壁にそれぞれに。Kissing Ulcer状態。胃角部にも不正なビランあり。食べられないはず、よくここまで我慢を。ピロリ菌感染も強く疑われ、抗体検査も。直ちに潰瘍の治療を開始。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和3年4月1△日
患者さん:2⬜︎歳 女性(胃カメラ検査番号 4844)新患さん。近隣の巨大企業の産業医・医師よりご紹介いただいた方。職場での胃がんABC検診でひかかり、精査を勧められた。食後の腹満感・ゲップの訴えもあり。ピロリ菌の抗体は陰性。経鼻で施行。嘔吐反射もほとんどなく問題なく終了。機能性でデイスペプシア(FD)と診断、治療を開始。紹介して頂いた産業医先生には開院当初よりいつもお世話になっている。感謝の上にも感謝。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和3年4月△日
患者さん:5⬜︎歳 女性(胃カメラ検査番号 4832)新患さん。40歳頃から空腹時の心窩部痛をきたしており、精査を希望され来院。胃カメラは初めて。経鼻で施行。嘔吐反射もほとんどなく問題なく終了。小さな胃ポリープを認めるのみ。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和3年4月△日
患者さん:3⬜︎歳 男性(胃カメラ検査番号 4830)新患さん。職場検診でピロリ菌の抗体検査・陽性を指摘され、精査を勧められた。胃カメラは初めて。経鼻で施行。胃カメラで鳥肌胃炎・萎縮性胃炎・ヘリコバクターピロリ感染性胃炎を確認した。嘔吐反射もほとんどなく問題なく終了。同日、除菌治療を開始した。胃の症状はあまりない。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和3年4月△日
患者さん:1⬜︎歳 男性(胃カメラ検査番号 4825)新患さん・嘔気と胸焼け、食べると吐きそうになります、との訴えで来院される。同伴されたお母さんも精査を希望される。高校を卒業され、進学も決まられた由。経鼻で施行。嘔吐反射もほとんどなく問題なく終了。十二指腸潰瘍もなし。厳しい受験競争を乗り越えられての合格。この4月から大都会での新生活で一人暮らし、これで安心して送り出せますとのお母さん。同じ年頃の子供を持つ身としても親御さんの心中、お察しする。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和3年 3月2△日
患者さん:3⬜︎歳 女性(胃カメラ検査番号 4819)新患さん。食後の腹満感・ゲップの訴えで来院。精査をご希望。経鼻で施行。嘔吐反射もほとんどなく問題なく終了。機能性デイスペプシア(FD)と診断、治療を開始。ピロリ菌の抗体も追加で。帰り際に「祖母が先日、手術でお世話になりました」とのこと、なんと先月、胃癌の手術を受けていただいた方のお孫さん。2度ビックリ。その方は80歳台の現役の美容師さん、昨日、無事退院された由。紹介医としての責任を果たすことができ、安堵。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和3年 3月1△日
患者さん:6⬜︎歳 男性(胃カメラ検査番号 4813)新患さん・職場検診における胃バリウム検査で萎縮性胃炎を指摘され、精査を勧められる。胃カメラは初めて。まずはピロリ菌の抗体検査・陽性を確認。経鼻で施行。胃カメラで萎縮性胃炎・ヘリコバクターピロリ感染性胃炎を確認した。嘔吐反射もほとんどなく問題なく終了。同日、除菌治療を開始した。胃の症状はあまりない。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和3年 3月1△日
患者さん:6⬜︎歳 女性(胃カメラ検査番号 4807)小生の友人の緩和ケア医師より紹介の方。新患さん。胃カメラは初めて。一過性の腹痛・血便にて上・下部消化管精査をご希望。まずは胃カメラ。経鼻で施行。多発性胃ポリープと胃内にヘマチンが散在し、表層性胃炎を確認。紹介してもらった友人にはいつも世話になり、ありがたいこと。直ちに結果を報告した。次は大腸検査を予定。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和3年 3月1△日
患者さん:4⬜︎歳 男性(胃カメラ検査番号 4805)新患さん・職場検診における胃バリウム検査で噴門部の粘膜異常を指摘され、精査を勧められる。胃カメラは初めて。経鼻で施行。噴門部はとくに問題かなった。萎縮性胃炎を確認した。嘔吐反射もほとんどなく問題なく終了。抗体検査も追加した。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和3年 3月1△日
患者さん:5⬜︎歳 男性(胃カメラ検査番号 4804)新患さん。「食事前になるとキリキリ胃が痛みます」との訴えで来院される。胃カメラは初めて。経鼻で施行。著しい萎縮性胃炎を確認した。嘔吐反射もほとんどなく問題なく終了。ヘリコバクターピロリ感染性胃炎が強く疑われ、抗体検査も追加した。まずはその結果待ち。後日、ピロリ菌の抗体陽性を確認。やはり、ヘリコバクターピロリ感染性胃炎であった。除菌治療を開始した。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和3年 3月1△日
患者さん:2⬜︎歳 男性(胃カメラ検査番号 4803)胃カメラは初めての方。この3ヶ月間で6キロの体重減少があり、胃の違和感を訴えて来院。精査を希望される。経鼻で施行。食道、胃、十二指腸を隈なく検索したところ、特にポリープ・潰瘍・腫瘍・癌の兆候なし。嘔吐反射もほとんどなく問題なく終了。甲状腺機能を含め生化学検査で問題なし。精査を進めることに。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和3年 2月 2△日
患者さん:7⬜︎歳 男性(胃カメラ検査番号 4786)近医・内科の医師より当院に紹介となる。胃カメラは初めての方。食後の心窩部痛・もたれ感にて近医・内科の医師より当院に紹介となる。高齢だが、お元気な方。「食べると胃が悪いです」との訴え。胃カメラは初めて。経鼻で施行。著しい萎縮性胃炎を確認した。嘔吐反射もほとんどなく問題なく終了。ヘリコバクターピロリ感染性胃炎が強く疑われ、抗体検査も追加した。紹介していただいた医師に検査結果を直ちに報告した。いつも紹介していただき、感謝の上にも感謝。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和3年 2月1△日
患者さん:3⬜︎歳 女性(胃カメラ検査番号 4782)小生の先輩の外科医師より紹介していただいた方。新患さん。胃カメラは初めて。食事をすると胃が痛んでムカムカしますとの訴えで。経鼻で施行。食道、胃、十二指腸を隈なく検索したところ、鳥肌胃炎を認め、萎縮性胃炎を確認した。嘔吐反射もほとんどなく問題なく終了。ピロリ菌の抗体検査を追加した。紹介していただいた先輩医師には以前、たくさんの手術でお世話になり、今回は逆に紹介していただき、ありがたいこと。直ちに結果を報告した。後日、ピロリ菌の抗体陽性を確認。やはり、ヘリコバクターピロリ感染性胃炎であった。除菌治療を開始した。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和3年 2月1△日
患者さん:1⬜︎歳 男性(胃カメラ検査番号 4781)胃カメラは初めての方。高校3年の男子生徒さん。過敏性腸症候群にて当院でフォロー中。先日より心窩部痛があり、精査を希望される。経鼻で施行。嘔吐反射もほとんどなく問題なく終了。胃カメラで胃炎、潰瘍、ポリープ、何もなし。進路選択を控えられており、その過重なストレスが原因と思われた。まずは経過観察で。終始、同席されたお母さんも安心される。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和3年 2月1△日
患者さん:4⬜︎歳 女性(胃カメラ検査番号 4776)
胃カメラは初めての方。食後に胸焼けがして、気持ち悪くなります、との訴えで検査を希望される。経鼻で施行。嘔吐反射もほとんどなく問題なく終了。萎縮性胃炎と診断、併せて食道に白苔を認め、食道カンジダ症を確認、まずは食道の治療を開始。ピロリ菌の抗体も追加で。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和3年 2月1△日
患者さん:4⬜︎歳 女性(胃カメラ検査番号 4774)
職場検診でピロリ菌の抗体検査・陽性を指摘され、精査を勧められた方。胃カメラは初めて。経鼻で施行。胃カメラで萎縮性胃炎・ヘリコバクターピロリ感染性胃炎を確認した。嘔吐反射もほとんどなく問題なく終了。同日、除菌治療を開始した。胃の症状はあまりない。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和3年 2月1△日
患者さん:7⬜︎歳 女性(胃カメラ検査番号 4772)
近医・内科の医師より紹介していただいた方。当院での胃カメラは初めて。もともと逆流性食道炎があり、同医で加療中のところ、最近、PPIが効きにくくなったとのことで紹介となる。経鼻で施行。嘔吐反射もほとんどなく問題なく終了。逆流性食道炎を確認し、食道裂孔ヘルニアがその原因と思われた。紹介していただいた医師に検査結果を直ちに報告した。いつも紹介していただき、深謝。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和3年 2月1△日
患者さん:4⬜︎歳 女性(胃カメラ検査番号 4769)
高血圧症等で当院にて内服薬で加療中の方。胃カメラは初めて。先日より心窩部痛あり。精査を希望され来院。経鼻で施行。検査前、検査に対する不安を強く訴えられる。嘔吐反射もほとんどなく問題なく終了。逆流性食道炎を確認したが、潰瘍性病変、悪性初見はなし。安心していただいた。ピロリ菌の抗体検査を追加した。逆流性食道炎の治療を開始した。血液検査で悪玉コレステロールが異常高値。むしろこちらが問題。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和3年 2月 △日
患者さん:3⬜︎歳 男性(胃カメラ検査番号 4760)
胃カメラは初めての方。「1週間前から胃がシクシク痛みます」との訴えにて来院。精査を希望された。経鼻で施行。急性胃粘膜病変を確認した。かなり飲酒されている。内服薬にて経過観察とした。ピロリ菌の抗体検査も追加で。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---

令和3年 2月△日
患者さん:8⬜︎歳 女性(胃カメラ検査番号 4755)近医・内科の医師より紹介していただいた方。胃カメラは初めて。最近、食思不振、嘔吐、貧血の進行があり、胃の精査を勧められて当院に。息子さんご夫婦が終始検査に立ち会われる。経鼻で施行。幽門から胃角にかけて小弯側に大きな不整な易出血性腫瘤を認め、生検した。多量の食物残渣が溜まっており、幽門狭窄の状態。嘔吐反射もほとんどなく問題なく終了。ご高齢だがお元気な方。悪性が強く示唆されることを立ち会われた息子さんご夫婦にお話しした。紹介していただいた医師に検査結果を直ちに報告した。いつも紹介していただき、ありがたいこと。病理結果待ち。その後、病理結果で悪性が確認できず。やむなく再検査を施行、2回目でやっと悪性・胃がんを確認。紹介していただいた医師に再度、その結果を報告。外科紹介をご了承いただいた。手術目的で総合病院外科を紹介した。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和3年 1月 2△日
患者さん:2⬜︎歳 男性(胃カメラ検査番号 4744)新患さん・職場検診における胃バリウム検査で胃体下部大弯の粘膜異常を指摘され、精査を勧められる。胃カメラは初めて。経鼻で施行。著しい萎縮性胃炎を確認した。嘔吐反射もほとんどなく問題なく終了。後日、ピロリ菌の抗体陽性を確認。やはり、ヘリコバクターピロリ感染性胃炎であった。除菌治療を開始した。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和3年 1月 2△日
患者さん:4⬜︎歳 男性(胃カメラ検査番号 4743)以前、当院で萎縮性胃炎・ヘリコバクターピロリ感染性胃炎にて除菌治療を施行した方。今回、フォローのため、検査を希望される。以前見られた胃全体の萎縮性胃炎・点状の発赤はほぼ消失、正常な粘膜に復している。除菌治療はやはり大切。認識を新たにする。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和3年 1月 2△日
患者さん:5⬜︎歳 男性(胃カメラ検査番号 4741)近医・内科の医師より紹介していただいた方。胃カメラは初めて。同院で逆流性食道炎の診断のもと、PPIの処方を受け、一時症状は改善していたが、最近、内服薬にても症状がぶり返すとのことで他の病変の有無につき胃カメラの依頼。嘔吐反射もほとんどなく問題なく終了。逆流性食道炎を確認したが、潰瘍性病変、悪性初見はなし。紹介していただいた医師に検査結果を直ちに報告した。いつも紹介していただき、ありがたいこと。ピロリ菌の抗体検査を追加した。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和3年 1月 2△日
患者さん:9⬜︎歳 男性(胃カメラ検査番号 4738)胃カメラは初めての方。味覚障害と食思不振等にて近医・内科の医師より当院に紹介となる。高齢だが、お元気な方。「甘いものが食べられなくなりました」との訴え。胃カメラは初めて。経鼻で施行。著しい萎縮性胃炎を確認した。嘔吐反射もほとんどなく問題なく終了。ヘリコバクターピロリ感染性胃炎が強く疑われたが、高齢のため、抗体検査は様子見とした。紹介していただいた医師に検査結果を直ちに報告した。いつも紹介していただき、ありがたいこと。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---

令和3年 1月 1△日
患者さん:4⬜︎歳 男性(胃カメラ検査番号 4736)心窩部痛にて来院された方。精査を希望される。経鼻で施行。著しい萎縮性胃炎を確認した。嘔吐反射もほとんどなく問題なく終了。後日、ピロリ菌の抗体陽性を確認。やはり、ヘリコバクターピロリ感染性胃炎であった。除菌治療を開始した。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和3年 1月 △日
患者さん:6⬜︎歳 男性(胃カメラ検査番号 4724)胃カメラは初めての方。近医・耳鼻科の医師より当院に紹介となる。喉の違和感にて耳鼻科を受診され、喉頭鏡で異常所見なしと確認、胃カメラを勧められる。経鼻で施行。食道入口部に腫瘤を確認、生検した。病理検査結果待ちである。紹介していただいた医師に直ちに報告した。いつも紹介していただきありがたいこと。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---
令和3年 1月 △日
患者さん:6⬜︎歳 男性(胃カメラ検査番号 4722)嘔気、心窩部痛にて来院。精査を希望された方。経鼻で施行。特に所見なし。内服薬にて経過観察とした。ピロリ菌の抗体検査を追加した。

-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎-----⚪︎---

PAGETOP